塩味の強い漬物が苦手なら|絶品グルメとして話題!ラクレットを堪能する方法

絶品グルメとして話題!ラクレットを堪能する方法

塩味の強い漬物が苦手なら

梅

漬物という食べ物はその製法から塩によるしょっぱい味か酢によるすっぱい味の食品が大半です。かなり日持ちする代わりに濃い味のものが多くなっているのも事実です。しかしながら、どちらかといえばたくあん漬の様な甘みの強い漬物が好きという人も多いでしょう。そんな人にははちみつが使用された梅干しがオススメです。はちみつ漬けされた梅干しは通常のものと比べて塩味が抑えられており同時にまろやかな甘みを持つようになります。基本的にこちらにはシソの葉を使わないためシソの風味はまったくありません。色も赤ではなく薄い飴色となります。これらの事からあまり塩味の強い漬物やシソの風味が苦手という方にはぜひ試してほしい漬物であるといえます。

はちみつを使った梅干しにも幾つかの種類があります。塩味と甘みのバランスが違うというのは当然ですが硬さに関しても二通りがあります。これは通常の赤くてしょっぱい梅干しと同様で、食事の際に一緒に食べる事に適した柔らかいもの、そしてカリカリ梅とも呼ばれている漬ける前の様なしっかりとした硬さを保ったものがあります。前者は普通に漬けたもので後者はカルシウムを加えた梅干しとなっています。前者に関しては食事のお供としてだけではなく酒の肴といったおつまみにも適していますが後者は食事の際の梅干しとしては適さず、おつまみやおやつに向いているといえるでしょう。なお、はちみつ使用の有無に関わらずカリカリ梅の方は個別包装されている事が多いため持ち運びやすく食べやすいという利点を持ちます。この事から外出等の場合に外へと持っていく場合にはカリカリ梅がオススメです。